交通事故の示談交渉は弁護士に任せましょう

車を運転される方はもちろんいつも安全運転を気にかけて交通ルールを守り事故の無いように運転されているわけですが、どれだけ安全運転を気にかけていてもあっという間になにかの拍子に事故を起こしてしまう場合も少なからずあります。交通事故を起こしてしまったらパニックになって頭が真っ白になってしまう方がほとんどです。ビックリし、何も考えられない気持ちはわかりますがそんな時は一度、深呼吸をしてみて下さい。そして1分1秒でも早く警察に連絡しましょう。けが人がいる場合は救急車を呼ぶのも忘れないで下さい。そして入っておられる保険会社に連絡をし状況を話しましょう。的確なアドバイスをくれるでしょう。交通事故では示談にする場合もあります。示談交渉は相手側が何を言ってきても必ず弁護士さんにお願いしましょう。素人では解決できないような話でもきちんと交渉してくれますよ。

交通事故は示談厳禁。もしものときの弁護士特約

交通事故を起こしてしまったとき、運悪く相手が強面の人で、圧力的な態度をとってきたりすることがあります。過失のことはさておき、事故のおかげで営業取引が没になったとか、車に積んでいた精密機械が壊れたとかイチャモンを付けてきます。もう明らかに確信犯ですが、やましい点もあったりする場合も多く、なかなか警察への通報をさせず、遠回しにさんざん脅した挙句、高いけど払えないこともないような金額の支払いを要求してきて示談を迫ってくることがあります。こういうときは絶対に臆さず、警察に通報しましょう。事故処理の後、電話等で同じような要求をしてくることもありますが、すべて弁護士と相談してもらうようにします。自費ではつらいので、任意保険に加入する場合は、こんな場合に無料で対処してもらえる弁護士特約をつけておくことを絶対におすすめします。

交通事故の示談に弁護士が必要

交通事故というのはなかなか、厄介です。いろいろと手続きが必要な上、事故後に障害が出てくる可能性があります。その点を考えて示談について考えてみましょう。なんといっても弁護士に依頼をすると交渉がスムーズに進みます。とにかく事故後、厄介なのは障害が長引くことです。さらに時間がたつと事故は風化していきます。だからといって相手との賠償について続いている場合があります。事故が起こってしまったら、次にやってくるのがその後のことです。治療が長引けばその分、お金がかかります。負担は大抵、加害者にふりかかってきます。損害は払わなくてはいけません。双方、納得が出来るように仲立ちをするのが弁護士の役割です。その点をよく考えて弁護士の選択をしましょう。さらに大抵が被害者に有利に動く人材です。だからといって加害者にばかり負担をおしつけるというのも問題があるかもしれません。

東京以外の都市にて定期的に無料相談会開催しています。 当事務所は交通事故を専門に取り扱っておりますが、法律相談会では紛争解決に関する専門家の意見を無料で聞くことができます。 交通事故の法律問題は中村・橋本法律事務所におまかせください。 交通事故に関するご相談は土日・祝日・夜間も事前予約にて対応します。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 交通事故の示談は弁護士が対応!